予算で決めるBTOパソコン構成

【予算10万円】最強PC構成2パターン徹底比較!

九条優
九条優

こんにちは!BTO探検隊の九条優です。今日は、予算10万円ほどで買えるBTOパソコンの構成について、ルミナと語り合いたいと思います。

ルミナ
ルミナ

ルミナです!よろしくお願いします!最近では、10万円でもかなり高性能なBTOパソコンが買えるようですね。どのような構成が組めるのでしょうか?

九条優
九条優

はい、今回は2つのパターンを紹介したいと思います。

ターン1:フルHDゲーミング特化型

  • CPU: AMD Ryzen 5 5600G
  • マザーボード: ASUS TUF Gaming B550M-PLUS
  • メモリ: DDR4-3200MHz 16GB
  • ストレージ: 500GB NVMe SSD
  • ビデオカード: AMD Radeon RX 6600 XT
  • 電源: 500W 80PLUS Bronze
  • ケース: Fractal Design Meshify C ATX Mid Tower Case
ルミナ
ルミナ

この構成は、フルHD環境で快適にゲームを楽しみたい人におすすめですね。Ryzen 5 5600Gは、CPU内蔵グラフィックス機能も優秀なので、ビデオカードなしでも軽めのゲームならプレイできます。

九条優
九条優

はい。また、ビデオカードはRadeon RX 6600 XTで、フルHD環境であればほとんどのゲームを快適にプレイできます。メモリはDDR4-3200MHzで、高速な処理速度を実現します。ストレージは500GBのNVMe SSDで、ゲームの高速起動や読み込みを実現します。

パターン2:コストパフォーマンス重視型

  • CPU: Intel Core i5-12400F
  • マザーボード: MSI PRO B660M-A DDR4
  • メモリ: DDR4-3200MHz 8GB
  • ストレージ: 500GB NVMe SSD
  • ビデオカード: NVIDIA GeForce RTX 3050
  • 電源: 500W 80PLUS Bronze
  • ケース: Fractal Design Meshify C ATX Mid Tower Case
ルミナ
ルミナ

この構成は、とにかくコストパフォーマンスを重視したい人におすすめですね。Core i5-12400Fは、価格に対して非常に高い性能を誇ります。

九条優
九条優

はい。メモリは8GB搭載していますが、必要に応じて後から増設することも可能です。ストレージは500GBのNVMe SSDで、高速な読み書きを実現します。ビデオカードはGeForce RTX 3050で、エントリーレベルながら、フルHD環境であれば多くのゲームを快適にプレイできます。

ルミナ
ルミナ

10万円で、こんなに高性能なBTOパソコンが組めるんですね!

九条優
九条優

はい。最近はパーツの価格も下落傾向にあり、以前よりも高性能なBTOパソコンが手に入れやすくなっています。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA