ついに購入!ASUS TransBooK T300CHI-5Y10S

ASUS TransBooK T300CHI-5Y10S

買いました!ずっとほしくて狙ってたんですが、Office Home and Business搭載モデルが69,800円からさらに5000円引きの64,800円になったのでついに買い時が来た!って感じです。

注文して二日ほどで届きました。
まずはオシャレな箱!靴が入ってそうなクールな小さい箱をパカッと開けてみますと~・・・

12051

入ってましたw

12052

もともと使っていたDELLの15インチのInspironと比べるとこんな感じです。

12053

縦横比が変わってるので、横幅はさほど差はない感じがしますね。
薄さはごらんのとおり、ペラペラです。しかも思ったより軽いです。

12054

下のキーボード部分とは金具とマグネットのようなもので簡易に固定されていて、何かピンで引っ掛けたりしてパーツが摩耗する、というような感じはありませんでした。着け外しは接触部の消耗を気にせずに行えます。
電源コードはディスプレイ側の本体部分につなぎ、下のキーボードへは付属のMicroUSBケーブルでディスプレイ側と接続し充電します。ちなみにUSB端子は、画面部の右側にMicroUSB 3.0ポートが一つだけあるのみです。通常のUSBポートへの変換アダプタも一つ付属しています。マウスなどを使いたい場合は、Blutooth対応のマウスなどを使い、子機などにUSBポートを奪われないようにしたいですね。しかしタッチパネルを使いだすと、マウスがうっとおしくなるぐらいでした。画面タッチの操作のが直感的でやりやすいです。細かいところを押したいときはマウスなんですけどね。

外付けのデバイスを買う場合は、USBバスパワーの電力に少し不安を感じます。たとえば外付けHDDやブルーレイ書込みドライブなどです。補助電源付きのものを買うことをお勧めします。ブルーレイの外付け書込みドライブを購入予定ですので、こちらも後日検証してみたいと思います。

さて、起動してすぐ、Windows10へアップグレードしました。もともとはWindows8.1がインストールされています。
Asusのアップデートもあるんで重なったんですが、とりあえずスルーして、Windowsのアップグレードをさきに。
そしてマカフィーの体験版も削除。Windows Defenderを起動。DVDドライブがありませんので、DVDからインストールするアプリは、ISOイメージを作成してから、USBメモリ経由でインストールしました。そしてOfficeを有効にして、プリンタドライバを入れ、デスクトップアイコンを並べて、文字サイズを150パーセントに。

印象は、とにかく画面がきれい!
IPS液晶で視野がすごく広く、タッチ感度も良好です。高画質動画もサクサク再生できます。
WEB閲覧などもかくかくした感じはなく、写真などは、まるで紙にプリントアウトしたものを見ている感じです。
音は少し物足りない感じがしました。いまJBLのスピーカー使ってるのでどうしても比較してしまいますねw 音にこだわる方は別に用意したほうがいいかもしれませんね。その場合はやはり、Blutooth対応のスピーカーをお勧めします。個人的にはこれがほしい!!

12055
JBL Pulse Blutooth。マルチカラーのLEDのイルミネーションと、JBLの高音質でおしゃれな演出ができますねw
14,435円とちょっと高めですが、パソコンを安く買えた分出資すると思えば、割り切れるんじゃないでしょうか ^д^;
Blutooth対応のスマホなどからももちろん音拾えますし、パソコン専用にしなくてもいろいろ活用できますしね。

さて、実際何のストレスもなく作業できていますが、やはり数字的なものが必要ですね。
いろんなテストを行いましたのでそちらは別記事で紹介したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。