BTOパソコンカスタマイズーCPU編

BTOパソコンをカスタマイズするとき、一番大事になってくるのがCPU(Central Processing Unit:中央処理装置)の選択です。
CPUはパソコンの頭脳に当たるパーツで、こちらの性能の差で、パソコンの処理能力は大きく変わってきます。

CPUはショップでどのように表記されているでしょうか。
「第6世代Skylake Intel Core i7-6700K 4.0GHz」
こんな感じですね。

まず「Intel」、これはCPUのメーカーがインテルという会社であることを示します。大きく分けてCPUのメーカーはAMDIntelの2社に絞られてきます。
圧倒的にIntelのCPUのほうが数は多いです。

続いて「Core i7」。これはCPUのブランド名を表します。CeleronやAtom,Core i3,i5などもブランド名です。このブランド名で大まかなランク分けがなされます。
Core i7は個人用のパソコンでは最高レベルのブランドです。i5やi3がそれに続き、Celeron,Pentium,Atomなどの廉価版が存在します。
BTOでカスタマイズするとき、こちらの選択で大きく値段が変わってきます。Intelだから何でもいい、というわけではないのです。

「6700k」、これはモデルナンバーを表します。同じブランドでも動作クロックの違いや、登場した年代、開発コードの違いなどから、モデルナンバがつけられています。こちらはブランドの差ほどではありませんが、それでもCPUの性能を左右します。語尾に「U」がつくものは、定電圧版のCPUとなっており、電力消費を抑える分、処理能力も少し落ちます。
モデルナンバーのほかに、開発コードというものが存在します。主に登場した時期でかわってきますが、大きな改良が加えられた場合、この開発コードが変わり、第6世代Skylake(6000番台)、などと言われることがあります。

  • Nehalem-第1世代(800~900番台)
  • Sandy Bridhge-第2世代(2000~3000番台)
  • Ivy Bridge-第3世代(3000~4000番台)
  • Haswell-第4世代(4000~5000番台)
  • Broadwell-第5世代(5775C)
  • Skylake-第6世代(6000番台)

「4.0GHz」、これは動作クロック周波数を指します。
1秒間に何回命令を処理できるか、という単位です。昔はこの動作クロックが高ければ高いほど性能が良いとされていましたが、現在は周波数当たりの処理能力はCPUブランドで大きく左右されるので、ブランドの異なるCPUをクロック周波数だけで比較することはできません。
ただ、同じブランドであれば、クロック周波数が高いもののほうが性能は当然上です。しかし、ただクロックをあげるだけでは消費電力を抑えることができないので、最近のCPUは、仕事の内容に合わせて、クロック周波数を上げたり下げたりすることができます。このように、負荷の高い処理の時にクロックがブーストされるものが増えてきたので、最大4.2GHz、といった具合に、定格のクロックとブースト時のクロックと両方記載されていることがあります。

もうひとつ、最近のCPUの特徴として、グラフィックスの機能を兼ね備えているものが増えてきています。グラフィック描画のための独立したコア、GPUを内蔵したAPUというものがあります。この内蔵グラフィックスの性能が優れているのがAMDのAPUです。AMDのCPUは値段も安くグラフィックスに優れていますが、BTOショップではIntel製のものが多くてなかなか見つけられないのが現状です。
LenovoやHPなどのメーカーでは積極的にAMDのCPUを搭載したモデルが登場しています。

さて、以上のことを踏まえてCPUを選んでいきましょう。
用途別に考えると・・・

  • とにかく安く上げたい方は、AMD製のCPU、もしくはIntel CeleronやAtomなどの廉価版CPU
  • 事務処理・ネット閲覧・動画視聴をストレスなく行いたい方はInte Core i3,i5
  • 動画エンコードや動画編集、CG処理や3Dオンラインゲームを快適に楽しみたい方はIntel Core i5,i7

といった具合でしょうか。個人的にはCore i3,i5あたりを買っておけば間違いないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。